正社員の仕事を探すときにチェックすること

情報収集を怠ると入社後に嘆くことになります

正社員として働くならば情報収集を丁寧に行い、今までの経験を生かして活躍できる企業であるかをチェックする必要があります。求人サイトなどには求人情報が掲載されていますが、そこでは企業が求めるスキルや人材、経験などが具体的に記載されていることが多いです。これらが全く該当しないようであれば、正社員として採用されるのは難しいかもしれません。情報収集というと、自分が入りたい企業かどうかという観点からチェックしがちです。ただそれだけでは不十分であり、これまでの経験を生かして活躍できる企業かどうかを判断することも大切です。インターネットの掲示板などに記載されている情報を参考にする人もいますが、それだけを鵜呑みにしてしまうのは注意しなければなりません。何故なら、その情報がどこの誰が書いた情報なのか分からないからです。

募集要項をチェックしてみよう

情報収集をした結果、自分が正社員として活躍できそうな企業であることが分かったら、次は募集要項をチェックしてみると良いです。募集要項には雇用形態だけでなく、給料や社会保険など、就職後の働き方に大きく影響する条件が記載されています。特に給料の場合、固定給や年俸制など、企業によって様々です。固定給とあれば毎月決まって給料が支給されるし、年俸制とあれば年収額を12ヶ月で分割して支給されます。そして、試用期間の有無についてもチェックする必要があります。試用期間は企業で独自に決めることができますが、大体1~6ヶ月程度となります。試用期間中の給料が本採用と異なる場合や、時給で支給する企業もあるので注意しなければなりません。さらに交通費の支給も募集要項に記載されますが、全額支給の他に上限を設けている企業も存在します。